南大阪でやりたいリフォームを得意とするような業者を選ぶようにする

サイトマップ

テーブル

お風呂のリフォームをしよう

きれいな部屋

築10年の我が家は、注文住宅として建てました。当時はまだ私達には子供が居なくて、将来は産まれてくるであろう子供を中心にした生活スタイルを踏まえた設計にしてもらおうと、様々な工夫をしてもらったつもりでいました。
しかし、実際に住んでみてから分かったことがあります。それはお風呂です。まずお風呂場とトイレのドアがお互い開いていると、ぶつかるのです。なんで設計の時点で気付かなかったのだろうと思ったのですが、誰もそこには観点が行き届かなかったようです。次にお風呂場の脱衣所です。よく水気を切ったつもりでバスマットも二重にして敷いているのにも関わらず、床の板が剥がれてきてしまいました。このままだと重さでいつか床が抜けてしまいそうな位です。
それからお風呂場の浴槽です。二階に設置したお風呂場は、管を二階から一階に下ろすのに、家の構造上からどうしても複雑な回路を経由して流れるのですが、その管が数回による地震により、中で外れてしまったとのことで、お風呂場のリフォームを依頼しました。床は板を剥がれる部分だけ剥がし、今度は防水性のあるクロスに張り替えてもらいました。これから多少の水気なら弾き飛ばしてくれるそうです。
次に浴槽ですが浴槽自体は故障は無いため、浴槽を一度取外し、中のホースを全取り替えしてもらいました。施工は一日で終わりましたが、設計の時に気付かなかったドアのぶつかりはリフォームとはなりませんでした。

post list

Copyright © 2016 南大阪でやりたいリフォームを得意とするような業者を選ぶようにする All Rights Reserved.